過払い金を相談する先

テレビなどのメディアでも盛んにCMが流れたりしていますが、過払い金という言葉をよく聞くようになったはずです。
そもそもグレーゾーン金利というものがあったからこそ生まれてきた言葉で、払いすぎてしまったお金を返してほしいという請求になります。

グレーゾーン金利は、そもそも金利という事に関して2つの法律が存在しており、それぞれが違う金利を指していたことに起因します。
法律として、罰則規定が設けられていればよかったものの、高い金利を示していた出資法にはあったものの、利息制限法には何もなかったのです。
違法であっても罰則がなければ、利益のために守らない人が出てくるのも当然でしょう。
ですが、これも違法であるということがわかって行われてきたものですので、法改正が行われるのも当たり前のことだったのです。
そして、法改正が行われ、高すぎた金利で請求された分を、本来の数値に換算したのちに変換してほしいと請求するのが過払い金であると考えることができます。

過払い金の請求は、当然のことではありますが、グレーゾーン金利で支払いを続けていなければ、請求することはできません。
一般の金利で支払っていれば、何ら違法性がないのですから、請求もできないでしょう。
この判断は、自分の借り入れ履歴がわかれば計算することができますが、難しい部分もあることは確かです。
自分のお金ではありますが、簡単に返してもらえなかったりします。
もしかしたらと思ったときには、どんなところに相談するべきか、まずは検討してみてはいかがでしょうか。